名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

たび。(2018/06/14)

唐突にこういう物を書きたくなる日もある。 というわけで、書いていく。

今日は疲れた

なんとなく疲れてしまった一日だった。色々ともやもやすることもあり、ちょっと休憩が必要だった。

思い返すと暫くの間、勉強会や仕事で詰めてばかりいて、しばらく人と接してばかりだったからかもしれない。

久々に一人でのんびり歩くと、なかなか面白い。

東京は様々な顔を持った街

一概に東京というと、都市のイメージが強く、無味乾燥で人はどこに住んでいるのだろうか、寝ているのだろうかと考えてしまう。

しかしビルとビルの間、大きな道路の間に入っていくと、意外とアパートがたくさんあることに気づく。

あ、こんなところにも、こんなところにも。建物の大きさはバラバラだが、確かに人が住んでいるのを感じる。

意外と近くに大きな病院があることも知らなかった。少し行くと大学もあり… サークルが終わった学生たちが帰っていくのともすれ違う。

良くも悪くも人間が生活していることが良くwかる。こんな大きな都会のビルの隙間で、どんな夢を見ているんだろうか、とかふと考えてしまう。

酔っ払った一団みたいな人たちとも住宅街ですれ違う。どこで飲んできたんだろう。

品川の近くには大きなホテルがいっぱいあった。私は地方に住んでいた頃、知り合いの家にお邪魔するとか、そういうことをしていたのでホテルにはあまり縁がない。なので駅の本当に近くに大きなホテルがあることすら知らなかった。

すれ違う人の表情は様々だったけれども、そんなに暗そうな感じはしなかった。強く生きているんだなあと思う。

旅路の終わりは、中本

久々に食べたくなってしまったので行くことにした。なんというかジャンクなものが食べたかった。なんとなく。

これまで北極3倍とか、冷やし味噌3倍とか食べていて、正直どこまで行けるのか気になった。なので今日は冷やし味噌の4倍を頼んでみた。

写真はTwitterに上げたとおりだ。

f:id:kawasumi_yume:20180615003153j:plain

4倍にした感想としては、汁がなくなってしまい非常に食べにくい。よって唐辛子をダイレクトにつけて食べるような形になる。 3倍のときにはこんなことはなかった。4倍はもはや個体・・・ 個体に麺を絡めて食べるスパゲッティとでも形容ができようか。

久々に中本を食べていて辛いなこれ・・・! と実感できたので感情を取り戻せた気がする。 もうなんか味わった気でいたけど、先は長いのだなと感じた。

終わりに

飲み会に行って心を落ち着ける人もいれば、気軽に話せる人と一緒でないと癒やされない人もいる。家族と一緒に過ごすことが癒やしである人もいれば、親との会話が苦痛である人もいる。食べて気持ちが良くなる人もいれば、気持ちが悪くなるので食べれない人もいる。

いるんな人がいるので、その多様性を認めつつも自分自身にとって最適な答えを見つけていきたいです。 私はちょうどKeyPoints、ジロッカソン、勉強会N個、コミケの当落、その他プライベートの諸々としばらくプライベートでも一人でない時間が続、余裕がなかったのかもしれない。

今日はその充電をするちょうどいい日だったのかもしれません。たまにはこういう日が自分には必要だなと感じる。

明日はちょっと気合い入れて頑張らないといけないことが多数あるので、全て乗り越えようと思う。そしたら次の土曜日は何も予定がないので、一人でゆっくり家の掃除でもしながらRPGにふけっていようと思う。最近まで体力というのは、精神的なもの、肉体的なものの2種類の単純なモデルだと思っていたが、どうやら最近それは違うらしいということになんとなく気がついているような気がする。

近いうちに様々な発表をしていくと思います。そして僕のハンドルネームが終わる日もそのうち来るのかもしれません。 残念だけど、僕自身が何かに変わってしまうかもしれません。それでもよかったらこれからも声をかけてください。