名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

振り返り(2022/03/06~2022/05/15、ちょっと期間が長かったので記載薄目です)

3月から振り返りできてなかったらしい。 というか本当に忙しくて…。 という感じではあった。

前回のもの

namonakimichi.hatenablog.com

振り返り

Y

  • ネットワークスペシャリスト受けた
  • ゲームいくつかクリアした
    • 星のカービィ ディスカバリー
      • 3D世界でのカービィ、めちゃくちゃありだった、良かった
      • 難易度が適度に高く、やりこみにちょうどいいくらいだった
      • Any%みたいな動き方をすると1ステージは短いようにも思う
      • 40時間行かないくらいで100%になった
    • 龍が如く3 HDリマスター
      • 沖縄の世界観の作りこみが興味深かった、時間間隔や雰囲気がスローなんだけど、それを表現できてるのがすごい
        • 言葉一つの作りこみや、商店街の微妙に暗い色の使い方とか
      • ストーリーは時間軸が大きく動くなあという感じ…
        • シナリオの切り替わるところで一気に進んだり
        • 頭の中がごちゃごちゃしがち
      • これは仕方がないことだが極, 極2に比べてモデル、モーション周りはやっぱり前世代な感じがする
        • PS4PS3という技術的にも戻る進行なので、仕方がない
      • 30時間ちょっとくらい
    • 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2
      • 20時間くらい
      • 前作に比べてかなりシナリオがかなり暗い進行
        • キャラクター設定がちょっと変わった?
        • 女神候補生がメインの話なので、そこからの視点でちょっと違う感じがする
      • 敵キャラクターとかの設定上の置き方が少し雑な気がする
    • 他もあった気がするけど、期間が長すぎて忘れた
  • 体調崩した
    • 4月中盤から5月の頭
    • 原因がわからない発熱があった
    • 検査結果は陰性
    • これ単純に疲れが出ている可能性が高い
  • Udemyの教材を試してみたりしている
    • AWSの資格試験の勉強
  • AmongUsの動画を見たりしてる
    • あんまり明言しませんが、あの大型コラボのやつです
    • てかAmongUs以外もめっちゃ配信してる人たちなので、単純にいろんなゲームのインプットがあって良い
  • エアコンの掃除をした
    • 問題になってなかったので、入居してから数年掃除を依頼してなかった
    • 今年の冬あたりから限界になり、業者をGWで探した
    • 冬場は厚着してればなんとかなった
      • 実家の生活のほうが寒かったので余裕ではあった
  • 読書とか
    • 「良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門 ―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方」読んだ
      • 理解ができている部分と、理解が浅い部分がほとんどだったように思う
        • 理解が浅い部分(モデルとか責務分離が少し甘くなる時があり、再度どこに置くべきかはサービスのコードに向き合って考えていきたい)
      • 参考書籍のリストが素晴らしかった
        • 読んだ本も、読んでない本も読み直したいなぁ

やったゲームの商品紹介はこちら

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2はVitaより、Steamのほうがいいかも(Vita今から用意するのも大変だと思うし)。

store.steampowered.com

読んだ本はこちら

W

  • 疲れがやっぱり出た
    • 3月ごろも問題ありな感じだったが、4月末に限界が来てわけのわからない体調になった
    • GWしっかり休んでいい感じになったが、睡眠含め大事にしていきたい
  • エンジニアとしての技術力をもっとのばさないとまずい気がする
    • 過去にないくらい危機感を感じていて、このままだと正直厳しいよなーと思ってる
    • しばらくはAWS系の資格を進めようかなと思っているが、今後のキャリアも含めてどうするかは悩みどころではある
      • 結構自分自身のプログラミングスキルに関しては、もったいない部分があるとは一応思っている
    • 技術的なスキルを伸ばして、適用できるところを伸ばしたい気がする
      • バックエンド、インフラ周りの興味中心から変わってない
      • ちょっと最近ふわっとしすぎな気がする
  • しばらく自分の目標に対して向かえていない時期があった
    • 勉強できないくらい精神的にも肉体的にも疲れていたように思う
  • エアコンは汚くなる
    • めっちゃ汚れが落ちたのは見ている
    • 傍目に見ても汚れびっしりだったので、そういうのがはっきり目視できる前に掃除を依頼するべき
    • ちなみにとっとと決めて1万5000円程度だったので、思ったより安かった
      • 予算3万円くらいで考えていて、それ以下だったので即決した
      • 比較すればもう数千円は安くなる余地があるが、まあいいんじゃないかなと思う
    • 予約してから2週間程度だったので、4, 5月のうちにエアコンを掃除してもらうのが業者的にも空いていていいんじゃないだろうか
      • 夏場だったら終わりだった
      • 今週から熱くなり始めたので、本当に今のタイミングでよかった
        • 建物が湿度高くなりやすいため、除湿できないと厳しい
        • 事実、依頼した日は湿度がかなり高くてはやくきてほしかった
    • 防カビの処理をしてもらったがにおいが若干気になる
      • 風呂のカビ取りでいつもむせているので、多分結構駄目なんだと思う
      • 換気しながら数時間エアコン回してまともになった

T

  • 資格勉強は再開する
    • 情報セキュリティマネジメント試験を一か月後に設定した
    • Python言語の実践レベルのベータ試験もきてたので多分受ける
      • ただ自分とPythonのつながりがかなり薄くなっているので、軽めの実力証明にしかならないような気がする
    • AWSのSAAをなんとかいまのうちに受けたい
      • 教材を持っているが、資格自体の見直しが入ってしまう
      • それまでに受験して合格したい
    • 簿記も勉強胸中
      • 初球からやってるけど、思ったより量がないのでさっと取りたい
      • 3級は9月くらいかな?
  • プログラミング、フレームワークの勉強はサンプルコードを動かすとか、公式ドキュメントを読んで手を動かす
    • まずはISUCONに向けて
    • それ以降は業務周りのやつで言語機能を追わないとまずそうなものもあるので、逐次
  • 休憩はちゃんととる
    • 1日7時間以上寝る
    • 風呂に入る
    • 出来れば運動する
      • 運動する余裕がないくらい勉強しないとなぁというのもあって、結構今厳しい

その他

  • 3月、頭痛が酷かったのは花粉症のせいだった
    • 自分はアレグラが効かず
    • アレジオンにしたらいい感じだった
  • 精神的に調子が悪い時期に入りつつある
    • そもそもとして4~5月は毎年のように調子が悪い(10年くらい)
    • しっかりやすみつつ、進捗を出していきたい
  • いろいろ買った商品の紹介ができてない
    • 買って活用しているものがいくつかあるけど、それの紹介ができてない気がする
    • ちょっと思いだしたらやります

年間目標に対して

月が替わったので。

  • 年間目標に対して
    • 痩せる
      • なんかだめ、体重測るのもしばらくしてない
      • 散歩だけでいいのでやる
    • 資格受ける
      • SGの試験日程組んだ
      • AWSの試験勉強中
      • そのほかもゆるゆるやってる
    • 生活リズム
      • 狂い気味なので、朝方にしていきたい
      • 最近の自分は夜何もできていない
    • アウトプットする
      • 全然ダメ
    • 積みゲーを減らす
      • いろいろ思うところがあるが、月2本くらいが限度な気がする
      • 月当たりやっても60時間くらいをMAXにしたい
        • ただ趣味なのでまったくやらないということにはならないはず
    • 配信
      • ずんだもんとかで遊んでたけど、それ以上何かしてない
      • スプラ3出た後くらいからいろいろ仕込みたい
    • 生き延びる
      • 何とか生きている
    • 副業
      • どうしようもない感じになっている
      • 今勉強したい気持ちなので、それが落ち着いてきてからになりそう
    • ほか
      • 特になし

勉強をして手を動かす時間を作らないといけないですね。 多分それを心穏やかに行う必要があり、心の平静を無理やりにでも作る必要がありそう。

まとめ

ちょっとエンジニアスキルに対して不安があり、将来的にも少し不安な時期な気がします。 体調的には回復できたので、次は精神的な安定を取り戻すためにも日々物事に取り組むことを忘れず、精進していきたいですね。

プログラムは書く量がやっぱり大事なので、やっていかないとね。

ネットワークスペシャリストの勉強がダメダメだったので振り返り

日曜日に試験を受けてきましたが、いろいろ駄目だったと思うので備忘録として残しておきます。 午後の出来を考えると、質問に正しく答えられていなかったように感じたので、来年再挑戦することになりそうです。

振り返り

Y

  • 参考書を買った
  • テキストベースメインで勉強した
    • 結果から言うと全体の1/3~1/2程度しか終わらなかった
      • 仕事が思った以上に忙しくなってしまい、3月中ほとんど勉強できず、そこでモチベーションが下がってしまった
  • インフラ関連の書籍を読んだりした
    • 下に紹介しておく
    • ミドルウェアをいじる機会はあるけど、ネットワークやプロトコルVPNを使ったネットワーク構築とかは実業務経験がなかったので、イメージをつけるため
    • 商用サービスに対する考え方と、業務システムに対する考え方の2軸が存在していると感じた
      • 試験も実際、その両方が問われる形であったと思っている
  • 試験を受けた
    • もろもろ合ってコンディションが最悪だったが、最後まで受けてきた

参考書はこちらです

インフラの実業務イメージをつけるために読んだのはこの2冊です。どっちも面白かった。

W

  • プロトコルの奥深さやデータの持ち方の奥深さ
    • いわゆる普段自分がやっているのは、本当にコンテンツやデータ部分というところで、それがどう伝わるのか、どうデータを判別するのかを深く知ることができた
    • 多くのプロトコルの種類を知ることができたし、勉強になった
  • 覚えるものがデータベーススペシャリストに対して多い
    • データベースが実践に即したデータの分割などであるなら、ネットワークは着実に組み合わせて設計していく、という印象だった
    • なのでワード的にそもそも押さえてないといけないものが多く、概念を理解しているだけでなく、ワードも使いこなせないとだめだと感じた
    • この辺り、勉強時間が確保できなかったことが悔やまれる
  • 勉強時間が足りなかった
    • FP終わってから最大限努力はしてきたが、3~4月はかなり仕事が忙しく、気持ち的にも体力的にも持たなかった
      • 体を休めることで手一杯になってしまうと勉強まで手が回らない
    • 予測不可能なものに対してのバッファが小さかったと思うが、期間的には3か月は妥当ではあったと思う
      • バッファ2週間くらい置いていたが、3月動けなかったことによって何も順調に行かなかった
    • スケジュールを今回ざっくり立てて、必要時間見積もったのは良かった
      • ある程度の指標になった、10ページ1時間だなーとか、600ページあるので60時間はミニマム必要なんだなーとか
      • 写経ベースでやっていたけど、かなり頭に入ったし、読むより手を動かすのが大事なんだなと改めて実感
  • 勉強する時間が取れないとモチベーションが下がりがち
    • どうせ無理では? みたいな精神になってくる
    • これが起きないように振舞わないといけない
  • 試験を受けるのは大事
    • 思ったよりわかるところもあったので、勉強は無駄にはなっていなかった
      • ちょっとびっくりした
    • ただ期待する答えできてないなと思ったところが多かったので、勉強不足ではあった
  • セキュリティや一般的な業務プロセスみたいなところも問題として出ないわけではない
    • データの流出に対して敏感
    • セキュリティの勉強や業務に対する勉強も並行しておくと、対策になりそうな気はする
      • テレワーク状況下でのネットワーク構築とか
        • 実際そういう問題は午後に出てきた
      • 大きめの本屋をあさりたい

T

  • 2か月くらいがっつり勉強する
    • 来年の1~4月はこの勉強に充てたい
  • 業務的な部分についても理解を深める
    • 本を読む、やり方を知る
    • 今回勉強してみて面白いなと感じたことはいっぱいあったので、実際に動いているものを眺めたい
  • 対策になるかはわからないが、クラウドに対しても知識をつけたい
    • クラウドネットワークやコンテナ技術・仮想環境のネットワーク通信についても問われる機会がある
    • AWSの資格をそろそろ取りたい気持ちでいたので、今年中にはいくつか合間塗って取りたい

まとめ

面白いなと思って勉強していた部分もあるんですが、勉強不足が響いておそらく落ちてしまったと思います。 とても悔しいので来年リベンジしたいのと、来年に向けて周辺分野の知識もつけながら頑張っていきたいです。

これネットワークの勉強として面白いですよ!みたいな情報があればツイッターとかで教えてください。

Perl入学式のテキストを完走した感想

1つ前の記事でも触れていましたが、Perl入学式のテキストやったので雑な感想を…。

namonakimichi.hatenablog.com

きっかけは YAPC::Japan::Online 2022 に参加したことでした。 そこでは普通のWeb開発のセッションや技術選定のセッションを中心に聞いていましたが、Perl自体をそんなに触ったことがなかったので(コードゴルフのコード読んだりしてやべーって言ってた程度)これを機会に一回くらい書いてみようかなと思い、入門してみました。

使った資料

講義資料 - Perl入学式 | Perl Entrance から2021年度以降の資料を見ながら進めました。スライドの利用とGitHubのテキスト本文を両方見るような感じでやってます。 (そして今 practice.md の存在に気が付いた。これはやってないです。練習問題みたい)

サイト自体のトップは Perl入学式 プログラミング初心者のためのPerl入門講座 から。

感想した感想

ざっと覚えている範囲で書きます。

  • シジルっていう独自の変数宣言システムが興味深かった
    • $ ならスカラー変数、 @ 配列、など
    • ぱっと見でどういうものを保持してるのかわかりやすかったと思う
  • 変数宣言が my
    • このスタイルで宣言するの新鮮だった
  • サブルーチンに仮引数を取るみたいな概念がない
    • my $d = shift; とか my ($f, $s) = @_; とかでとる
    • これ明示的じゃなくてこわいって感じ、ひやひやする
  • リファレンス・デリファレンスの概念が難しい
    • 配列を操るための機能
    • これ書きなれないと難しそう、練習問題は雰囲気何回か動かしてみて動かすことには成功した
      • 理解はあいまい
    • シジルで型がある程度わかるのに~とか思ってたけど幻想なのかもと思いつつある
  • 正規表現便利そう
    • というか最近 grep 書いてて GNU 系か、BSD 系か意識するのがめんどくさくなってきた
    • LinuxならPerl入ってるでしょ前提で、Perlで書いてもいいのかもと思った
    • ( ripgrep 使う手もあるが、自分の環境ならまだしも他人の環境に入っているとは限らないので)
  • Web APIデフォルトで入ってるのはいい感じ
    • JSONのパースもあるのはうれしい
    • ただ自分が前回書いた記事の通り、ライブラリのアップデートが必要なケースがある
    • DiscordのWebhookへさっと投げれたので面白かった
  • 日本語の取り扱いが難しい
    • これはまあ… うまく付き合うしかない問題の1つ
    • 後方互換性とか考えてこの作りなんだろうけど、日本語文字列の意識とか長さ見ないといけないとか考えるとめんどくさくなりそう
      • この辺はPython, Rubyの古いバージョンでも昔ひたすらハマってきた問題ではあるので、めんどくさいけどやらなきゃいけないことだと思ってる

総評として今のところ思っているのが Shell の大体として使えそうだなと思いました。 というもの Perl ってLinuxならまずはいっているし、他の人に軽く動かしてもらう分にはちょうどよさそうな言語。 で、人の環境のShellの設定やLinux OSの環境とかにも影響少なさそうだし、いいかなと(後方互換性が強いのが素晴らしい)。

今回学んでみて小さいスクリプトだけど、パワフルな印象を受けました。いつかしれっとどこかで使いたいです。

そのほか

perl-entrance-org/Perl-Entrance-Textbook が2017年の資料らしいけど、他にもやれそうなことが書いてあるので時間があったら読んでみようかなーと思う。

環境構築は asdf で最新版を結局入れてやりました。try/catchとか、数値比較の新しい文法を試して見たかったので。

chrolis/asdf-perl: Perl plugin for asdf version manager

これでさっとやれば入ります。

WEBHOOK取るところは変数にURL直書きしたくなかったので下記のような形にして、実行時に DISCORD_WEBHOOK_URL=うぇぶふっくのURL perl webhook.pl みたいな形で実行してました。

# webhook URLは環境変数からとる
my $webhook_url = $ENV{DISCORD_WEBHOOK_URL};

他に調べるときは metacpan ってサイトが良かったです。 検索性もいいなーと思ったし、めっちゃわかりやすい。英語だけど。

https://metacpan.org/

まとめ

いろいろな意見が散見していますが、実際書いてみて悪くない言語だなと思いました。愛好者がいるのもわかるし、特にCLI環境との相性はよさそうに思います。

一方でモダンな言語と比較すると時代背景的な部分もあり、ちょっととっつきにくいなと思う部分もありました(サブルーチンとか、日本語とか)。IDEのサポートとかでなんとかできる部分もありそうな気がするので、次はそのへんも少し意識出来たらなーと思います(ちなみに IntelliJ IDEA Ultimate で書いてたんですが、直近でコンフィグが壊れていて?起動しなくなってしまって、何とか復旧して書いたみたいな状態だったので、今回そこまで何か準備して意識して、みたいなことができませんでした)

正規表現周りは便利なので、これから活用していきたいです(ライブラリ使うとさらにいい感じにできるとかもあるのかなーと思いつつ、未調査)。