名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

ThanksGivingDay2022 に行きました

アドベントカレンダー 23 日目です(大幅遅刻) 遅くなりましたがようやく2022アドベントカレンダーは完走となりました。 https://adventar.org/calendars/8021

ThanksGivingDay2022 にちらっとだけ行ったので、簡単に思ったことだけ絞って書きます。

どんなイベント?

https://twitter.com/ctoa_ja/status/1605752485230120966

基本的には招待性のイベントでこんな感じのタイムラインでした。

自分自身のポジションについて

多分このイベントに参加されていた中ではかなり珍しかったと思われる一般社員レイヤーの参加者です。

リーダーって感じなんですかね。SI世界でいうところのPL(プロジェクトリーダー)くらいなポジションな気がします。

現在本業ではスクラムマスターとしていろいろやっていますが、やることとかのコントロールとかも求められているので半マネージャーみたいな感じもしていて(本来スクラムマスターってチームの自律を支援するフォローアップがメインなのでこの立ち回りの是非はあるにしろ)、そういう表現です。

コードは稀に書いてるくらいになりました。

特に心に残ったこと

自分自身の視座の低さと、ルールに縛られている思考(固定概念)が見えてきたように思います。

内容にどこまで触れるべきかわかりませんが、基調講演を聞いている限り、ITの力による改革はもはや行政・法に縛られる方向性ではなく、行政・法をよりよいほうに変革しようという視点に感じられました。 (実はぎりぎりに出て道に迷ったせいであまり聞けてなかったのですが…)

そういう視点で考えると、自分がすごい細かいところで悩んでいるのがある意味ちっぽけだなと思ったりもしました。 もっと大きなことをみんなでやり遂げたいという熱気もあったかと思うのですが、なぜこれをするのかなど行動の目的を見失わないよう、かつ広い目で見て価値があることに取り組めるよう日々活動しなければ、と気持ちを新たにしました。

また行政・法に関してもより生産的に、世の中を良くしていくために変革を求めているというのも自分の中では強い衝撃を受けました。 これも守るべきものだ、という視点だと決して辿り着けないものだと思うので、お話を聞けて非常に勉強になりました。

実際の手段としてはマネジメントみたいなところで、方向性決めて… というのもあるかもしれませんが、マネジメントすることを目的にするじゃなくて、よりよい世界を作るための活動なんだ、というマインドにしたいです。 (最近の自分はどうもマネジメント、チームビルディングが目的になってしまっていたように思う)

ほか、心に残ったこと

  • ランテックさんのプログラミングスクール事業の話が面白かった
    • 一番最初の会社でもプログラミングスクールをやっていたので興味深かった部分はある
    • エンジニアとしてのスキルだけではなく、マインドにも目を向けているのが良い着眼点だなと思った
      • (学校教育みたいなものでも本当はこういうの必要だったりするんだろうか…)
    • 紹介している youtube のコンテンツもよさげだったのでチャンネル登録しておいた
  • 参加者のレベルがとにかく高い
    • こんな領域を攻めてる人がいるんだーとか、いろいろ思うところがある
    • 自分よりもっと高いところから組織を見ている人が多くて、話しているだけでも発見がある
      • 自分が3年後、5年後に自分もこういう立場になれるんだろうかとか
      • 人にバトンをつなげる人になれるんだろうか、とかいろいろ考えさせれた
      • でも参加して本当に刺激が多く、可能ならまたこの場にいい形で参加したいなと思った
        • (今回は正直教えてもらう立場としてたくさんインプットさせていただいただけだったな、というのが振り返り)

まとめ

実はこのイベント、興味があったのですが自分が行っていいものなのか、そもそも行って何かが得られるのかのイメージがつかず、行くのがものすごく怖かったです。 他社の役員レベルの人たちと話せるのは貴重な機会ではありますが、同時に自分自身がその人たちの時間を使って有意義な話ができるのか? みたいな遠慮なのか、気持ちの持ちようなのか、があり戦々恐々としていました。

幸い、自分の知り合いの方も参加されるということで少しだけ気持ちは楽になりましたが…

タイミングとか、運のめぐりあわせというものもありますが、またこのようなイベントに戻ってくる機会があれば、今度は学ぶだけの参加者ではなく、良いディスカッションができるような形で還元したいですね。

今の自分ではスキルもマインドも足りないかもしれませんが、3年後、5年後にはこういった場でも、あるいはほかのカンファレンスでもいいので、社内外問わずいろんな方にバトンを渡せるような人になるというのも一つ見えてきたものであるような気がします。

日々悩むことはありますが、前?上?を見ながら少しづつ広い目で物事をとらえられるよう日々努力していきたいです。

枕を変えたらよく寝れるようになった

アドベントカレンダー 22 日目です(大幅遅刻)https://adventar.org/calendars/8021

namonakimichi.hatenablog.com

ここで生活リズムを~とか書いていて、枕を買い替えたところ改善したのでメモがてら書いておこうと思います。

元々使っていたもの

肩・首・背中も支える高さ調整枕通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

買い換えたもの

ホテルスタイル枕 4大消臭機能付き(Nホテル3 セレクト)通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

買い換えた背景とか

  • 11月、12月ごろから寝つきがかなり悪くなった
    • 体重の増加とか、ストレスとかが原因っぽい
  • 肩こりなどがひどくなった
    • よく考えると寝ているとき寝返りが余り打てていない感覚があった
  • 年末年始に実家に帰ったとき、沈むタイプの枕を使ったらよく寝られた
    • 不思議なくらい寝ていた
  • 前使っていた枕が高すぎたのではないかという気がしてくる
    • 元々高さ調整が可能であるが、下げて使っていた
    • それでも高すぎるのではないかという可能性が高い
  • よって枕を買い替えて様子見することに

枕の選定など

  • 現物見てから考える一択にしていた
    • サイズ感・触感を大事にしたかったので、通販は選択肢から外した
  • オーダーメイドにしようと思ったが、すぐに選べるものを選んだ
    • 年末年始お金をそれなりに使っており、予算が… という問題があった
  • ニトリのホテルスタイルの枕は3つあったが、selectを選んだ
    • standardは店頭でサンプルを見たり触ったりした感覚的にちょっと微妙だった
    • premiumはオーバースペックな感じ
      • 高さ調整は不要なので…
      • ちょっとふかふかすぎるかも?という感じがあった
  • サイズは多分通常サイズだったと思う
    • シングルベッドなので余り大きいものを置いても仕方がないという家の事情

使用感など

  • ちょうどよくフィットしてくれて寝やすい
    • 仰向け、横向きどちらでも寝やすい感覚がある
  • 洗濯もできるのがありがたい
  • しばらくは使ってみて様子を見たい

まとめ

そんな感じです。マットレスとかも変えたほうがいいんだろうなーと思いつつ、まずは引っ越したいなが先行してしまってどうしたもんかなとなっています。 (1LDKくらいの部屋に住みたい… ってどこかに書いた気がする。本がいっぱいあり、広い机が欲しいのでスペースが欲しい)

なので引っ越したらまずは運動できる環境と睡眠を取りやすい環境だけは最優先で整えようと思います。

2023年の目標のブレイクダウン

アドベントカレンダー 21 日目です(大幅遅刻)https://adventar.org/calendars/8021

先日これを書いたのですが、ちょっと思い当たるところがあったのでブレイクダウンして小さめの目標に解釈しなおすことにしました。

namonakimichi.hatenablog.com

きっかけ

Audibleで次の2冊を聞いたんですが、この目標の立て方だと粗いなと思いました。

下記が聞いていて気になったポイントです。

  • 継続可能な目標になっているか怪しいという話
    • 小さく、継続可能な目標が最終的に大きな目標を達成する
    • その点、自分の2023の目標はふわっとしすぎている
  • なんか手書きして貼りだしたほうが良いらしいという話
    • 目に入る回数を増やして忘れないようにする
    • (そういう意味でいうと、去年半ばまで続けられていたふりかえりは素晴らしい効果だったんじゃないかなと思います)
  • スケジュールなどの計画を立てて、ふりかえりをするのが大事という話
    • (あれ?ふだんのお仕事と変わらんのでは?)

というわけでブレイクダウンしたものです

  • 体重10kg落とす生活リズムにする
    • 「1週で500g落とす」
    • 元々肥満気味なので、月2kgのペースなら多分まだ落ちるはず
    • 半年くらい経ったら見直す
  • プログラム書く時間増やす
    • 「プログラムを毎日1行でも書く」
    • 時間がとりにくいので継続するために触り続ける
    • いろいろ気になってはいるので、1日15分でもいいので触ること…
  • 英語1日30分はやる
    • 「英語1日30分はやる」
    • むしろこれは1日にやることが明確になりすぎているので、TOIECとかの点数に後で置き換えたほうがよさそう
  • ほどほどに資格を受ける
    • 「勉強が継続可能な目標を立て、実績を記録し続ける」
    • 勉強方法については去年の資格試験や、これまでの人生でかなり磨かれているはずです
      • (TOIECの対策はちょっと厳しめなので今年数回受ける中で身に着けることにします)
    • なので時間の逆算的に間に合えば行けるはず、つまりスケジュールを立てて触り始めれば行けるはずです
  • 人に会ったり旅行したい
    • 「行きたい場所と日時を決める、予約をする」
    • なんとなく行きたいのは沖縄と北海道
    • 安い時期とかを見極めつつ、旅行したい
  • 将来に向けての大局観キャリア設計を考える
    • 「数年後になっている像を想像し、逆算したキャリア設計をする」
    • 1年後にどうなっていたいか、5年後とか
    • 10年後は… 経営判断とか、金銭面とかも含めてエンジニアリングの知識と絡めて活用したい
  • 登壇もちょこちょこしたい
    • 「登壇を狙うカンファレンスを定める、ネタ帳を書く」
    • 「月1回は登壇できるように調整する」
    • LTとか気になるものがいろいろあるので
    • カンファレンス、実のところ今年は難しい気がしていて、どうしたらいいかなとは思っているところ
    • 場所とか、レベル感はもう考えないことにする(初心者枠とかで登壇しないようにはしたい、ただし英語での登壇はのぞく(英語の登壇がそもそもできるか?))
  • ゲームもしたい
    • 「タイトルのチェックだけはする」
    • (実は勉強スケジュールを立てたところかなり厳しめだったので、そっちを優先するとこの目標の達成は厳しいことが分かっている)
    • やりたいタイトルを絞るしかないかー
  • 技術文章の寄稿(同人誌含
    • 「そういったイベントスケジュールをカレンダーに入れる」
    • スケジュール感がないと動けないので
    • アンテナは高めにしていこう

まとめ

これを文字に起こすようにします…。 だいぶ具体的に小さいところからやれそうな気がしてきました。