名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

2021年の6月まとめ

6月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1738
ナイス数:4

図解入門ビジネス 最新目標管理フレームワークOKRの基本と実践がよ~くわかる本 (How-nual図解入門ビジネス)図解入門ビジネス 最新目標管理フレームワークOKRの基本と実践がよ~くわかる本 (How-nual図解入門ビジネス)感想
今まで少し誤解していた部分があり、特に評価面で強く関連があると委縮して高い目標を立てない、あるいは設定しやすい目標に落ち着いてしまう問題があることを認識した。あとはOKRとの関連ではあるが、週次の1on1、3か月の評価、通年の評価と、評価とフィードバックの頻度、内容を使い分けるのが大事かなと思った。漠然と目標を設定、フィードバックは通年のみ、であると目標に近づけているのか、あるいは方向修正が必要なのかそれすらわからず、既存のMBOにおける目標設定と変わらなくなってしまうのかも。
読了日:06月29日 著者:Resily株式会社
いちばんやさしいRPAの教本 人気講師が教える現場のための業務自動化ノウハウ 「いちばんやさしい教本」シリーズいちばんやさしいRPAの教本 人気講師が教える現場のための業務自動化ノウハウ 「いちばんやさしい教本」シリーズ
読了日:06月29日 著者:進藤 圭
はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法感想
ドメイン分析テストやホワイトボックステストについて理解が深まった。本書で紹介されているホワイトボックステストカバレッジをみつつ、ユニットテストを書く際に意識したいポイントが見つかったのはよかった。テスト計画以降はまた読み返してみようかと思う。
読了日:06月22日 著者:リー コープランド
【この1冊でよくわかる】ソフトウェアテストの教科書―品質を決定づけるテスト工程の基本と実践【この1冊でよくわかる】ソフトウェアテストの教科書―品質を決定づけるテスト工程の基本と実践感想
状態遷移テスト、テストドキュメントとモニタリングについては参考になった。他はほかの書籍と被るところもあり、そちらを参照したほうが理解がはかどったので、飛ばし読み。
読了日:06月22日 著者:石原 一宏,田中 英和
ソフトウェアテスト技法ドリル―テスト設計の考え方と実際ソフトウェアテスト技法ドリル―テスト設計の考え方と実際感想
丁寧にテスト技法について書かれていて理解がはかどった。非常に良かった。自分はプログラム書く仕事がメインだが、テストケース書く仕事をする前に一度は読んでおきたかった(もっと早く読んでおけば…)
読了日:06月22日 著者:秋山 浩一
図解ポケット KPIマネジメントがよくわかる本図解ポケット KPIマネジメントがよくわかる本感想
浅く広すぎる感じがしていて読み流す。いくつかしらないワードや考え方があったので(タイムトゥマーケットやDIFOTなど)、それらは調べ直す。
読了日:06月21日 著者:松原恭司郎
残業の9割はいらない ヤフーが実践する幸せな働き方 (光文社新書)残業の9割はいらない ヤフーが実践する幸せな働き方 (光文社新書)感想
これをすると何に効きそうっていうのをデータを裏付けて導入する、そして試行錯誤を繰り返してよりよい制度や仕組みづくりに生かしていくってのが大事なのかなと。その大きな枠組みの一つが労働に対する評価軸の変化であり(時間→実績)、変わりゆく世界への適応なのかなと。家庭へのコミットなどは今の時代にもフィットしてそうだし、この状況が終わってもテレワークとかは戻らないほうがいいんだろうなと思う。キャリア軸を考えると、もっと早く読みたかったが、今見つけて読めてよかった。
読了日:06月21日 著者:本間浩輔

読書メーター

生存報告(2021/06/02)

あまりにブログもツイッターも更新してなかったので、生きていることをアピールしとく必要があると感じた。

GWごろ

  • 数年ぶりに11連休などというものをした
    • いつだったかに正月をつなげて以来だと思う
    • 最初3日くらいすごい寝た、信じられないくらい寝ていた
    • 最後のほうで kibela -> Discord, backlog -> Discord に送信する Webhook のプロキシを書いた
      • 結構本気出して2日くらいほぼ書ききった
      • python + chalice + AWS lambda みたいな感じ
      • 設定は kamidana で埋める形、jinja2のCLIツールみたいなやつ
      • 久々だったので aws の認証周りで一生はまる、もう二度とやりとうない(やらないとは言っていない)
    • あとほんとよく寝た
  • なんかゲームしてた気がするけど記憶にない

GW明け

  • それなりに仕事をハードにやったような気がする
    • 仕事メインで人生を過ごした
    • 久々にコーディング多めだった気がする
  • しれっと誕生日を迎える
    • だんだんとつらい感じになってきてはいる
    • 誕生日プレゼントが結構送られてきてダンボール箱だらけになった
  • ボンバーマンオンラインをやると言ってやってない
  • ポイント制の漫画アプリで漫画を読み始める
    • ハリガネサービスと静かなるドンを読んでいる
    • ハリガネサービスは勧められたとおり、面白い
      • 主人公の成長面が大きい?
  • ウマ娘にとらわれる
    • 何も言うことはない
    • エアグルーブがピックアップされているのはよい(引けるとは言っていない)
    • リアルの競馬も面白そうなので、とりあえず馬券が買えるようにネット決済可能なやつを試してみることにした
      • 1日1000円までに強く自生しているので大丈夫なのと、あんまり勝つことメインでやってないのでまあいいかなと

最近

  • 結構寝て過ごしている
  • 例年夏場調子悪めなのだが、調子が悪くなりつつある
  • 低気圧で頭痛がひどい

去年7月がいろいろありすぎて記憶が壊れているのだが、それに比べると今年は平和になりそうな気はしてる。なんとなく。

オリンピックで交通網が壊れないか心配している。

今後

  • 勉強会参加活動を再開したい
    • いろんなところでつながるのは大事
  • 技術的にもう少しいろいろ触りたい
    • 仕事でもプライベートでも

まとめ

特にないが、競馬のレースというのは結構白熱していて見ごたえがあるので、まあテレビでやってたら一度は見てみればいいのかなと思う。

あとは久々にゲーム一杯やってるなーという気持ちになりつつあって、勉強とのバランスもあるが、ちゃんと息抜きして休むことをこれからはちゃんとやっていきたいなと思いました。

心理的安全性に飢えた自分が一周回って辿り着いた1on1のコツを読んだ

たまたま目に入ったLT資料を読んだだけの話です。それ以上でもそれ以下でもない。

資料

speakerdeck.com

感想

  • 課題間として、1on1で疲弊するのを防ぎたい、とある
    • 雑談だけ、仕事の話だけしてしまうケースがある、書かれている
      • 自分自身も経験があるような気がする
      • 僕が相談を受ける側の時は、今後何をしていきたいのか、みたいな話とか、最近の調子はどうですか?とかそういうのを織り交ぜる努力はしてる
      • ので、ただ組織からやってくださいとか、スケジュールされているからやるみたいなのはしてないつもり…
      • (どちらかといえば1on1とか壁打ちは仕事よりも、プライベートでやっていることのほうが多いので、仕事で意識的に変えてみたら変わるのかも)
  • 疲れない1on1は前向きな気持ちで終わること、とある
    • 振り返りがお葬式みたいな気持ちになるとつらい経験は自分自身にもある
      • 頑張って前向きな意見を探すけど、前向きな意見を探してしまうという後ろ向きな姿勢になることもあって難しいなと個人的には感じている
      • そうならないように普段から前向きな発見をしていくことが大事なのかもしれない
        • (振り返りを楽しいものにする、みたいなロジックを自分も見つけていかねば)
  • 改善するための施策1: 事前にアンケートする
    • 温度感を事前に共有しておくことが大事、とある
      • 何をするのにもそうだけど、何を思っているのかはその場でなく早めに共有するのが大事なのかなと…
      • 答える側の事前準備とかもできてよさそう(アジェンダ大事だなと)
  • 改善するための施策2: 積極的に質問する
    • 曖昧なものを具体的に、感情に興味を持って原因を探る、要約する、とある
      • 普段何気ないことや何気ない変化を見落としがちだったりするので、向き合って話す時間を有効活用できそう、と思った
  • 改善するための施策3: 振り返りをする
    • ポジティブフィードバックを意識して、お互いに意見を出す、とある
      • 良いようにしていく、というのは大事
      • あとは言葉にすることで認識のずれを防いでいるのかなと
      • 1on1自体も改善を回していける
        • 前回からよくなっていることもわかる
        • 互いに成長できているモデルなのかも、とおもった

感想

話すだけでなく、前向きな言葉として残し、互いに成長していくためにやっていくことが大事なのかなと思いました。

なので課題感に対してやっていくこと、としてこのLTの方法論はよいなあと思いました。

事前アンケートについては、うーん、アンケートじゃなくても普段からある程度アジェンダ作ったり、優先度はこれくらいでやりたい、というのを示していかないとなあという気持ちに連鎖していったので、そういうの1on1でなくてもちゃんとやろうかなと思いました。