名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

(ポエム)読書記録を考える

この記事はポエムです。

最近、いろいろな本を読んでいますが、読み切るまで感想を書いてはいけないのではないか、と思って結構後になってからまとめ直す、みたいなことをよくやっていました。

しかし、これについて疑問が生まれ

  • インプット→アウトプットまでの時間がかかりすぎる
    • ウォーターフォールっぽい
    • 最初で誤解している、忘れてしまっている項目が出た場合に後半の解釈に齟齬が出る
      • 僕の集中力の問題で一気に一冊を読めないため
  • 別に小出しにしてあとでまとめるのでもよいではないか?
    • 例えば章ごとに勉強したこととか
    • というか、社会における日報とかってその単位で出しているはず
    • 最後にそれらの断片を使ってまとめ直せばよい
  • 技術書の場合、紆余曲折を経て理解することも多い
    • 書籍に出てくるアプリケーション/ツール/ライブラリが使えなくなった場合など
    • その単位でまとめたいこともある(まとめてることもあるが、しっかりとした形にしていない)
  • notion とかでまとめるのも考えたけど、ブログでよくない?
    • 個人的にプライベートのメモは本当にプライベートなのか、超絶雑な一時メモであることが多い
    • つまるところある程度まとまった考えについては、文章に起こして公開したほうがメリットが強いと考えている
    • twitterはだめ、流れてしまうのと感情だらけになって何も残らない
      • つぶやき型?投稿型?のSNSの限界点だと思っていて、それをまとめ直すサービスなどもあるが、それなら最初から一つの文章て吐き出した方がよい
      • たぶん一生僕のツイッターの使い方は変化するような気かしてなくて、単に感情を書くか、やっていることを書くことになりそう
        • ブログと完全に住み分けしている
  • 少しづつでもアウトプットの量を増やしている方が見栄えがいい & 継続できている意識ができてよい
    • GitHubの草を連続してはやすことについて懐疑的であったが、最近はやらないよりやる継続が大事だと思った
    • それをわかりやすい形で示しておくこと、分析可能にしておくことがさらに大事ではないか
    • そして最近は lapras などで自動的に集計してくれることもあるので、さらに活用の余地がありそう
    • (本当は自分でも分析基盤を作りたいのかも)

そんな感じなので、勉強していることについて雑に投稿する回数を増やせれば、と思います。

以上、ポエムでした。