名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

powerlevel10kを入れた

私個人は 6年ほど zshを使っていますが、 sindresorhus/pure: Pretty, minimal and fast ZSH prompt みたいな表示や自作もそろそろきつくなってきたので、いい感じのやつを探しに行くことにしました。

調べていたら Powerlevel9k があったのですが(これは知ってたけど)、いつの間にかアーカイブされていたので(これは知らなかった)、適当に調べていたら Powerlevel10k が出てきたので、これを入れてみることにしました。

入れたやつ

romkatv/powerlevel10k: A Zsh theme

設定周りとか

基本的なインストール

zplug で入れているので .zshrc にこんなのを書く。

zplug "romkatv/powerlevel10k", use:powerlevel10k.zsh-theme, from:github, as:theme

で、入れるだけ。

設定は CLI がいい感じなのでそれに従う。

p10k configure

後はお好みで選んでいく…。

自分好みとしては

  • 2列表示にする(これは絶対必要)
  • toolsあたりは全部表示にする
  • 表示はアローっぽく
  • あとはノリで

追加の設定

awsで有効にしているprofileや kubectx の状況は常に表示していてほしいので、 .p10k.zsh のこの辺をコメントアウトしました。

# typeset -g POWERLEVEL9K_KUBECONTEXT_SHOW_ON_COMMAND='kubectl|helm|kubens|kubectx|oc|istioctl|kogito|k9s|helmfile'
# typeset -g POWERLEVEL9K_AWS_SHOW_ON_COMMAND='aws|awless|terraform|pulumi|terragrunt'

この show-on-command の記述を見ながら設定しています。

romkatv/powerlevel10k: A Zsh theme

これめっちゃ助かるので、最初から表示させてくれ~~~~という気持ちでいっぱいです。はい。

まとめ

実は最後の追加の設定のところが重要で、 aws profile 見たい!ってなったので設定してましたが、ついでに色々見やすい状況になったので良かったです。

もうちょっとよさげな設定があれば使っていきたいなと思います。