名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

GitHub CLIで新しいプライベートなリポジトリを作る(メモ)

まあ help とかタブ連打してるとわかるけど下記コマンドで行ける。

# ユーザー紐づけ
gh repo create --private ${repository_name}
# organizaton向け
gh repo create --private ${organization}/${repository_name}

f:id:MireiMixin:20201010190139p:plain

(一応ローカルのユーザ名は実名が推測できるので隠した)

ヘルプが丁寧なのでありがたい。

それと気が付いたが、デフォルトは main を推奨のためか、 git branch -M main して、pushしてくださいという記載文面に変わっていた。(ちなみに -M--move --force らしい、 -m はよく使うが、 -M はしらなかった。 ドキュメントのここ

あとはオプションで .gitignore とか README とか作れるとあとはありがたいのかな?(そういうプラグインとかもうありそうな気もするけど、探してない)