名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

2019年の目標

年末は仕事が忙しかったり、イベントに行ってばっかりだったり、地元に帰ってきてからは喉を痛めていて落ち着いた時間が取れなかったりしましたが、一年の計は元旦にあり、ということでささっと書きます。去年の振り返りも今週中にやってしまおう。

目標を立てること自体についての考え

目標を立ててもうだうだとしていて結果立てた目標に対してどれくらい達成できたのかも不明になってしまうため、今年は目標を大幅に絞り、スプリントを意識して目標に対してどれくらい活動できているかを振り返るようにする。1クールに1回は大きい時間を撮って、郊外の何処かで一人反省会したいな、と考えてる。

とにかく去年まではやりたい、ばかりが優先されていてタスクに対するコストコトロールをせず、またバッファに対する認識が甘いためカツカツに頑張っても出来るかどうか、だった。そして仕事の都合なり、途中の目標変更なりで当初の目標は忘れ去られ、目の前のことばかりやってしまう自分がいた。 これは、大きな範囲で見たとき、結局自分は何者になるのだ、何者なのだ、という問題を先送りにし眼の前の問題ばかり解決して満足し、泥沼に嵌まるモノに過ぎない。ここからそろそろ抜け出すことが社会人として、エンジニアとして、人間として成長するための壁なのだろうと感じた。

上記を踏まえて今年の目標

  • 大目標1:10kg以上痩せる
    • 去年1年、健康に関して不安定な状況が続いた
    • その結果、増えた体重が減らなくなってしまった
    • 体力の低下も感じているが、体重が増えたことも原因ではないか
    • 中目標:週2以上のランニング、10kmランの大会に参加
  • 大目標2:カンファレンススタッフをやる
    • エンジニアとして技術をつけるにつれ、技術力だけでは解決できない問題があると感じた
    • その1つが組織的な課題で、より円滑かつ効率のよい開発を行うための模索をしたい
    • カンファレンススタッフで多くの人と関わりつつ、仕事をする経験を増やしたい
    • 後は多様なエンジニアに触れて自分のエンジニアキャリアを設計したい
    • 中目標:年4回技術イベントスタッフ参加、PyConスタッフ参加(申込済)
  • 大目標3:PyConカンファレンス登壇再挑戦
    • 去年は申し込んだが、LT枠での登壇となった
    • しかしFlaskの手軽に作れるAPIとかもっと広がっていいと思う
    • このあたりは仕事でも使っているのだが、ハンズオンでできるような感じにして挑戦したい
    • 中目標:LT含む登壇を毎月1回以上行い、積極的なアウトプットと登壇経験を積む
  • 大目標4:クソサービスでいいので、ネットからアクセスできるサービスを作る

終わり。見積もりでは大目標2と、大目標4はそんなにハードルが高くないと思っているが、大目標1は年間を通して、大目標3は技術者としての高いスキルと発表スキルが試されるので、大きな壁だと考えている。

その他、目の前のやるだけのやつをひたすらやっていくこともあるだろうと考えているので、それは随時振り返りの中でやったこととして紹介できれば、と思う。

あ、あとアドベントカレンダー2018は放置されてますが、今月中には片付けます(12月が想像以上な状況だったので、思ったより無理でした)

まとめ

  • 立てた目標は定期的に振り返りを行って進捗率を確認する
  • バッファを持って達成する
  • 痩せろ

以上。