名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

Conohaと戯れる(その4)

その2で書いたPHP環境の話を書く。

namonakimichi.hatenablog.com

基本的に一番役に立ったのはこれ。

PHPをインストールする

例によって yum で入れると古いバージョンが入ってしまうので…

これremiが dnf で使ってうまく認識されないので、諦めて yum で設定した。(回避方法があればまとめたい気がする)

remiなんとかかんとかをを入れて、動作させる。

あとningxの設定も結構苦労した。一番最初にあげている英語の記事を使って設定したが、実際のところポート番号の変更とかがあったので、そこでちょっと苦労したりした。

Githubの自分のリポジトリをとってきたい

sshの鍵周りで結構コケた。

これが一番参考になった。というか諦めてデフォルトの鍵名にした。

あとこれとか

ポートを開ける

設定を変えたので iptable を使っているので、この辺を参照した。

あとさくらサーバーのこの記事も役に立った。

なんか簡単に設定するためのツール作ってる人もいるらしい。

本当はこの辺やりたい

DockerでPHP+Lalabel環境を作ってアクセスできるようにして… というのをやろうとしたが、なかなかうまく行かなかったので諦めた。 将来的に勉強してリベンジがしたい。

他に参照した記事

感想

とりあえずPHP環境整えるのだけでも結構疲れたし、普段この辺いい感じにやってる人すげーなって思った。

ちなみにPHP環境はwindowsでもMacでもやったことあるんですが、LAMP環境だったり、brewだったりでしかやったことなかったので、今回みたいにガッツリパッケージ持ってきて…みたいなことは初めてでした。めっちゃ難しかった。

PHP環境ができたので、のんびり開発開始していきたいと思います。