名もなき未知

エンジニアリングとか、日常とかそういうのをまとめる場所。

一時期やっていたGithubでOSSやってもいないのに毎日草を生やす活動について

実際やってみてどうだったのかを記す。

これやっていたのが、6月から7月当たりと、10月から11月あたり。7月の途中から切れたのは、精神的にヤバイ状況だったため(公私共に色々トラブルが有りまして、それの対応に追われていました)、12月からあまりやっていないのは今の環境に慣れるのでやっとで、自主勉強的なことまで手がまわらないからです(新しいところというのはすぐ帰ってもつかれるものなんだなあ)

確認したら2月頃も何かしようとしてるのんね…

f:id:kawasumi_yume:20171225010232p:plain

何やってた?

各種チュートリアルとか、競技プログラミングで説いた問題のまとめとか、言語仕様の調査とか。 あとChromeでExtension作って遊んだりもした。(コードとLicenseが微妙だから、Storeに未だに上げられてないんだよなあ)

良かった所

  • 毎日勉強するという習慣がつく
    • 何もない日は特に1時間〜2時間くらい平日でも勉強できるようになった
    • たまに忘れても、他の日で頑張れるから良いか、という前向きな気持ちが生まれた(割りと好循環だと思う))
  • 1日一瞬でも自分での開発のことを思い出すようになる
    • やべ、今日Githubに何もしてない、何勉強しよう… とネタを必死に探すようになった
    • ネタ探しを通して、いろいろな情報を芋づる式にゲットできた
    • 今はこれを勉強している、というのが明確になった
  • 新しいことを自分で学ぶようになった
    • 6月頃はElixirというEralngのVM上で動作する言語を触ってみて、パッケージ管理システムが面白いと感じた
    • 10月はテスト駆動開発のために、JavaScriptのテストライブラリであるJadeを触ってみたり、PythonフレームワークであるDjangoを触ってみたりしていた

悪かった所

  • 敷いてあげるならisuueだけ上げる日が続いた時に居心地が悪い気がした
    • 実は新規のissueを上げるだけでも草が生えるので、タスクだけ書いてる日が多々あった
    • でも実際ほぼ考えてないようなissueだけ書いてる日も結構あったので、何もやってない感がすごかった
  • 時間が取れない時にもどかしい
    • 飲み会とかあると、23時半までに帰らなければという気持ちが働く
    • ただ周りの人は返してくれそうにない雰囲気、というか楽しい雰囲気…

まとめ

毎日頑張る習慣がつくので、何かしろGithubに上げ続けるのは余裕があるときはやりましょう。継続は力なり…。

私は元旦から頑張ることにします。しばらくはおやすみ。